Home > 助成金情報 > 瀬戸内オリーブ基金(環境) ※随時募集

瀬戸内オリーブ基金(環境) ※随時募集

助成金名称 瀬戸内オリーブ基金(環境)
助成元 特定非営利活動法人瀬戸内オリーブ基金
url http://www.olive-foundation.org/
助成金額 最高年額200万円まで。複数年にわたるプロジェクトを認めています。また、同一の団体・個人から複数の申込みも可能です。
締切り日 随時
備考

■瀬戸内オリーブ基金の目的
 瀬戸内オリーブ基金は、「豊島から緑を」「瀬戸内に緑を」を合言葉に、瀬戸内海の沿岸や島々に100万本の樹木を植えることを目的として活動しています。緑化や自然保護のために活動している団体や個人に、事業資金を助成することが当基金の役割です。いままでに荒廃地や埋立地などに、約6万本の樹木が当基金の助成により植えられました。花や希少植物の育成にも助成してきました。
■助成概要
≪助成資格≫
 緑化や自然保護活動を行っている団体や個人が行うプロジェクトに対して、必要な資金の助成を行っています。団体だけでなく、公益的な活動をしていれば個人でも助成が受けられます。
■助成対象地域
 瀬戸内海に注ぐ河川の流域を含む市町村と島嶼部が対象です。
 (府県によっては対象外となる市町村があります。)
■助成分野
○環境植樹分野
 ・市街地の防火林・学校林など都市の緑化に貢献する植樹。
 ・水源や漁業資源を守ることを目的とした植樹。
 ・海岸、河川敷、山火事・牧場跡地などへの植樹。
 ・果実のなる樹木を植え、果実から得る収入を基に緑を維持することを目的とした植樹。
○里山保全・竹林除去分野
 竹林の除伐などによる整備や除去後に植林を行い、里山の自然を回復する活動。有害外来植物の除去も含みます。
○希少植物対策分野
 絶命危惧種や地域固有種などの増殖活動。
○耕作放棄地対策分野
 耕作放棄地を復元し、グランドカバー植物などを植えて管理し、次世代に耕作地を引き継ぐ活動。
※植樹・間伐・防除・収穫等の作業体験を通じた環境教育プロジェクトについてはご相談ください。
■瀬戸内オリーブ基金の歩み
 2000年11月に、建築家の安藤忠雄氏、豊島有害産業廃棄物不法投棄事件弁護団体長の中坊公平氏の呼びかけで設立。翌年から株式会社ユニクロ社長柳井正氏の協力を得る。いままでに約6万本の植樹に対して助成(2007年末)。
 2006年12月に豊島に事務局設置。
 2007年8月にNPO法人としてスタート。
■助成申込みの順序
(1)当基金のWebサイトの助成案内を読んでください。
  ↓
(2)計画書や収支予算書を作ります。
   購入物品の価格調査や見積書も取っておきましょう。
  ↓
(3)計画書などを事務局に送ります。
  (メール添付、CDや紙を郵送、FAXなど)
  ↓
(4)事務局と打合せの後、事務局から助成申込書が送られてきます。
  (Wordファイルを用意しています)
  ↓
(5)助成申込書を作成して事務局に送ります。
   毎月の末日が締切です。
  ↓
(6)翌月に助成審査を行います。
  ヒアリングや現地調査を行うことがありますので、協力をお願いします。
  (助成例は当基金のWebで見ることができます)
■ご寄付のお願い
 当基金の活動は皆様からのご寄付で成り立っています。ご寄付は下記の郵便振替口座にお寄せください。よろしくお願いします。
 郵便振替口座:00970-8-50658 瀬戸内オリーブ基金
■瀬戸内オリーブ基金事務局連絡先
≪住所≫
〒761-4661 香川県小豆郡土庄町豊島家浦3837-4
E-mail:info@olive-foundation.org/
TEL:050-5709-9412、0879-68-2911
FAX:0879-68-2912

※詳しくは、上記HPをご覧下さい。

Home > 助成金情報 > 瀬戸内オリーブ基金(環境) ※随時募集

助成金情報
事業
お問合せ先

今治市民活動センター
今治市別宮町八丁目1-55
TEL/FAX 0898-25-8234

Return to page top